お届け先の変更

検索結果や商品詳細ページに表示されている「お届け日」「在庫」はお届け先によって変わります。
現在のお届け先は アスクルの本社住所である、
東京都江東区豊洲3(〒135-0061)
に設定されています。
ご希望のお届け先の「お届け日」「在庫」を確認する場合は、以下から変更してください。

アドレス帳から選択する(会員の方)
ログイン

郵便番号を入力してお届け先を設定(会員登録前の方)

※郵便番号でのお届け先設定は、注文時のお届け先には反映されませんのでご注意ください。
※在庫は最寄の倉庫の在庫を表示しています。
※一時品切れ中の場合も、別の倉庫からお届けできる場合がございます。

  • 変更しない
  • この内容で確認する

  • 概要
  • 機能
  • 価格
  • ご利用イメージ
  • 導入事例
  • よくあるご質問
  • サービス供給元

地震発生時のメール自動配信

地震情報との連動

地震情報との連動

気象庁から発報される地震速報(震度確定報)と連動し、設定された閾値以上の震度の地震が発生した場合、あらかじめ指定しておいたメッセージを自動で配信することが可能です。

自動発信させる震度閾値については、メッセージ毎に設定することが可能なため、震度によってメッセージの内容を送りわけることもできます。

また、個人情報に登録された住所地域(都道府県)と連動させ、あらかじめ設定してある都道府県で発生した地震のときのみ、安否確認メールを発信させることも可能です。
地震情報との連動メールには、地震発生時刻・震度・地震の発生した都道府県の情報も記載されます。

メール配信後の安否状況登録と確認

安否状況登録

安否状況登録

届いたメールに記載されているURLに接続して通報内容を確認し、回答項目プルダウンの中から本人の状況を選択して登録します。

登録後は、本人とその家族の登録状況を参照することが可能です。また、回答については受付期間内であれば上書き再登録も可能なため、非常時の状況変化にも柔軟に対応します。

管理者様ご利用イメージ

安否状況確認

安否状況確認

管理者のみが利用できます。

通報ごとの回答状況(通報時刻、状態、メッセージタイトル、通報総数、応答数、未応答数)を一覧表示で確認することができます。

タイトルや時刻をクリックすることで、そのメッセージに対しての各グループごとの内訳を、さらにグループ名をクリックすることでグループ内ユーザーの回答詳細を確認することができます。また、CSVファイルに一括ダウンロードも可能なため、回答状況を時系列に保存しておくこともでき、報告書や統計資料の作成も簡単にできます。

自動リトライ機能

自動リトライ機能

安否確認メール配信後、回答があるまで自動でリトライを繰り返すことが可能です。

これにより、未回答者への度々の送信を手動でする必要はなくなり、回答を効果的に集めることが可能になります。
また、リトライ回数やリトライ間隔(秒単位)の設定も自由に行なえます。

その他の管理機能・設定

グラフ表示機能

グラフ表示機能

設問ごとの回答状況を棒グラフ、円グラフで表示させることが可能です。表示されたグラフは画像として取り出し、報告資料等でもご利用頂けます。

CSVユーザー 一括管理機能

CSVユーザー 一括管理機能

CSV形式のデータをアップロード・ダウンロードすることにより、ID、氏名、よみがな、住所(都道府県コード)、所属、役職等の基本的な情報は、一括で追加・更新・削除することが可能です。

また同様に、グループ情報(グループ構成メンバー、グループの階層、グループ管理者)についても、CSV形式のデータによる一括処理が可能です。年度の更新や人事異動の際も、更新管理がスムーズに行えます。

個人情報管理

個人情報管理

ユーザーごとの個人情報を登録します。登録可能な項目は個人ID、氏名、パスワード、通報優先度、住所(都道府県単位)などの基本情報の他に、該当するグループへの追加と緊急時に利用するメールアドレスを最大6つまで登録することができます。

家族に関しては、1ユーザーあたり6名までの家族を登録することが可能となっています。(家族1人当たりの登録可能メールアドレス数は3つまで)

管理者からでも個人のメールアドレス等の情報詳細は見ることができません。(設定の有無のみ確認できます。管理者から見た個人情報画面は左図を参照。)

従業員様ご登録イメージ

グループ情報管理

グループ情報管理

管理者のみが利用できます。

グループを作成し、登録されたユーザーを所属させることができます。登録するグループは複数(無制限)に作成することができ、ユーザーは複数のグループへ所属させることが可能なため、送信単位としたいグループを自在に作成することができます。

また、グループについては階層を設けることもできるため、企業の組織図に合わせた階層構造をグループ化することも可能です。

通報メッセージ管理

通報メッセージ管理

管理者のみが利用できます。

本文作成の項目では、通報する際のタイトルや通報メッセージを作成編集することができます。通報先設定の項目では、送信先グループ、またはユーザーの設定のほか、家族を含めた通報の可否設定が可能です。

そのほか、地震情報と連動させる場合の詳細設定、また、返答が必要かどうかの設定切り替えや回答項目設定、要回答で発信したメールに返答がない場合の自動リトライ回数などの詳細設定も可能です。メッセージに関する細かな設定が可能です。

メッセージ作成イメージ

回答項目管理

回答項目管理

管理者のみが利用できます。

通報時に確認したい回答項目・選択肢のテンプレートを登録・編集することができます。設定した項目、選択肢については、安否確認メール回答ページではユーザー操作で選択できるよう、プルダウンで表示されます。1つのメッセージに対して、複数の回答テンプレートを設定することが可能です。

各種システム設定

各種システム設定

管理者のみが利用できます。回答受付期間、リトライ間隔・回数、画面表示件数設定などのメッセージ新規作成画面のデフォルト設定や、システムの動作に関する設定をすることができます。

  • 概要
  • 機能
  • 価格
  • ご利用イメージ
  • 導入事例
  • よくあるご質問
  • サービス供給元

サービスTOPへ戻る

災害時の安否確認システム「Safetylink24」 機能の先頭へ