お届け先の変更

検索結果や商品詳細ページに表示されている「お届け日」「在庫」はお届け先によって変わります。
現在のお届け先は アスクルの本社住所である、
東京都江東区豊洲3(〒135-0061)
に設定されています。
ご希望のお届け先の「お届け日」「在庫」を確認する場合は、以下から変更してください。

アドレス帳から選択する(会員の方)
ログイン

郵便番号を入力してお届け先を設定(会員登録前の方)

※郵便番号でのお届け先設定は、注文時のお届け先には反映されませんのでご注意ください。
※在庫は最寄の倉庫の在庫を表示しています。
※一時品切れ中の場合も、別の倉庫からお届けできる場合がございます。

  • 変更しない
  • この内容で確認する

  1. ホーム
  2. ASPサービス TOP
  3. 災害時の安否確認システム「Safetylink24」 概要

安否確認システムとは

【1】システムの内容

短時間・効率的に、状況把握

災害対策などの「危機管理」で大切なことは被災状況を迅速に把握することであり、この状況把握がない限り適切な対策も指示もできません。
そんな時、一度に多くの情報を確認することができるシステム、それが緊急通報・安否確認システムです。

【2】必要性

事業継続計画の初期対応

自然災害以外にも人為災害や企業テロ、事故による災害もある日突然発生します。
これらの災害に対して企業がどういう対応をとるかは今や必要不可欠なBCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)対策の「危機管理」であり、対応を誤ればその社会責任が問われる時代です。

【3】家族も対象

帰宅困難者の二次被害回避

災害直後に社員が家族の安否確認を行えないと、無理に帰宅してしまう場合があります。そこで家族の安否状況を家族間で共有できると、安心して会社にとどまる選択もでき、帰宅困難者による二次災害の恐れの回避にもつながります。

このページの先頭へ

安否確認システム Safetylink24 の仕組み

緊急通報・安否確認システムは、地震などの災害時に、登録ユーザー宛にメールを一斉配信するシステムです。

地震情報と安否確認の流れ

  1. 気象庁から配信される地震情報を受信することにより自動的に登録されている対象者に安否確認のメール送信指示が送られます。
  2. 地震情報や災害情報をもとに、担当者の判断により手動で登録されている対象者に安否確認のメールを送信する操作をします。
  3. 安否確認のメールが対象者に送信されます
  4. 安否確認のメールを受信した対象者はメール内のURLに接続し、自身の安否状況を登録します。
  5. 登録された安否情報は、管理者によりいつでもリアルタイムに確認することができます。
    社員とその家族は自身の家族の安否情報をリアルタイムに知ることができます。

このページの先頭へ

災害時以外の活用シーン

5つの実用例

新型インフルエンザなどの流行病

パンデミックが起きた際は体調のアンケートをとることで、会社内・学校内の状況が把握でき、また感染拡大の予防にもつながります。
新型インフルエンザなどの流行病

学級閉鎖のお知らせ

職員、または保護者宛に迅速に伝達することが可能です。
導入しやすい安心価格

企業サービスの連絡網として

不動産会社がマンションやアパート等の居住者へのお知らせとして配信することで確実な回答が得られます。
また、建物の点検希望日のアンケート収集も可能です。
携帯電話からのメッセージ作成・配信・結果閲覧

通知簿受け取り希望日のアンケート

希望調査結果を紙でやりとりする必要がないので、経費削減のほか、集計を取るのも簡単に行えます。
ユーザーとその家族の安否を確認

台風等による集団下校

職員、保護者宛に迅速に伝達することができます。
24時間365日の監視と障害対応

このページの先頭へ

「セーフティリンク24」のメリット

<1>迷わず操作できる簡単な画面デザイン
あせっていても分かりやすいのでミスしにくい
<2>NHKとNTTが運営する総合安否情報検索サービス「J-anpi」との連携
より多くの方へ自分の安否を伝えられます!
<3>家族の安否も確認
確認が取れれば、仕事に集中できます。
<4>「安否カード」で社内通知
紙のカードでURLを携帯できます。
<5>導入後に便利なマニュアル整備
管理者様がお問い合わせに答えやすくなっています

<1>迷わず操作できる簡単な画面デザイン。

ログイン後すぐに目的の操作ができるメニューと、最新の情報がわかりやすく確認できるダッシュボード画面を新たに用意しました。管理者画面では回答数や推移をグラフで確認することができるだけでなく、最新の回答情報や掲示板情報を一度に確認することができます。
さらに、PC・スマホ・タブレット、もしもの時、今持っている端末で迷わず全ての操作が可能です。

※管理者権限での表示です。

「セーフティリンク24」のメリットの先頭へ

<2>NHKとNTTが運営する
総合安否情報検索サービス「J-anpi」との連携

Safetylink24メッセージの回答時に、利用者または家族はJ-anpiやTwitterに専用メッセージを回答することができます。伝言を連携するときはその都度、利用者や家族が配信をするか否かを決めることができるので、プライバシーが保護されます。
Twitterアカウントは個人で登録し、連携した場合のみTwitterへメッセージの配信を行なうことができます。

J-anpiウェブサイト:http://anpi.jp/top

「セーフティリンク24」のメリットの先頭へ

<3>家族の安否も確認

今まで社員のみ利用可能だった、アプリからのGPS・写真・音声添付機能が家族にも対応となりました。
社員の添付情報は会社と家族に、家族の添付情報は家族内のみで参照可能です。

「セーフティリンク24」のメリットの先頭へ

<4>「安否カード」で社内通知

災害時に確実にログイン画面へアクセスするための情報を記載した安否カード印刷画面を用意しました。
印刷して手持ちカードにしておけば、万一の際に端末が変わってブックマーク等がない場合でも、カードにはQRコードとURLを表示しているので、回答の手助けになります。

「セーフティリンク24」のメリットの先頭へ

<5>導入後に便利なマニュアルの整備

操作マニュアルや、よくある質問をまとめたヘルプページを新設しました。管理画面から常時アクセスすることができ、不明点も素早く解決することができます。

サービスTOPへ戻る

災害時の安否確認システム「Safetylink24」 アスクル限定料金プランの先頭へ