デキる社員の電報の活用術!

この時代になぜ電報なのか?

昔、電報は緊急連絡として肉親の危篤連絡などに使われていましたが今では祝電、弔電などの礼儀として定着し習慣化されています。

メールやケータイのメッセージで何時でも何処でもタイムリーに言葉を伝えれる環境である今日。何故、今でも電報習慣があるか不思議だと思いませんか?

現在の電報ビジネスは、緊急性を要するというよりも、特別性を重用視する方向に変わってきています。だから、バルーン電報やぬいぐるみ電報などの特色豊かな電報も増えてきました。

また、病院のお見舞いも生花持ち込み禁止が多く(当然、菓子折りも持っていけない訳で)、お見舞いの気持ちを伝える方法としてドライフラワー電報などが人気になっています。

インターネット普及時代だからこそ、メールやメッセージなどでは伝えきれない“大切な気持ち”を伝えることに重要性があると考えられますね。